阪神アルカンタラ 昇格テストで5回零封…「FILA」製グラブでの1軍デビューも近い?

[ 2021年5月7日 14:29 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―ソフトバンク ( 2021年5月7日    鳴尾浜 )

阪神・アルカンタラ(撮影・中澤 智晴)
Photo By スポニチ

 来日2度目の先発となったアルカンタラは5回3安打5奪三振無失点と好投して降板した。初回に1死一、二塁のピンチを背負ったものの、12者連続でアウトに仕留めて得点を与えず。5回2死満塁でも最後は川瀬を150キロ直球で空振り三振に斬った。

 1日の広島戦に続き、10イニング連続零封とアピールに成功した右腕。早ければ来週にも昇格するべく、スタンバイを完了させた。

 この日は、球界では珍しい「FILA」製のグラブもネット上で注目を集めた。愛着ある“相棒”とともに1軍デビューする日が近づいてきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月7日のニュース