球場どよめき! 阪神の4番・佐藤輝が好機でプロ初の敬遠 

[ 2021年5月7日 20:35 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2021年5月7日    横浜 )

<D・神7>7回1死二塁、申告敬遠で出塁する佐藤輝(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロ2度目の4番に座り、4回にドラフト新人では最速の10号アーチを放った阪神ドラフト1位・佐藤輝が、プロ33試合目で初めて敬遠された。

 7回に3点差を追いつき、なおも1死二塁の好機で打席が回ったが、DeNAの三浦監督が申告敬遠。横浜スタジアムの場内からはどよめきが起こった。一、二塁と好機が広がったが、サンズ、糸井が連続で見逃し三振にたおれ、勝ち越しまではいかなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月7日のニュース