ヤクルト新助っ人・サイスニード 9日の巨人戦で来日初登板初先発へ

[ 2021年5月7日 05:30 ]

キャッチボールをするサイスニード(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新外国人のサイスニードが9日の巨人戦(東京ドーム)で来日初登板初先発する見通しとなった。

 神宮コブシ球場で行われたピックアップ練習に参加し、ブルペン投球などで調整。伊藤投手コーチは「力強い直球も投げていたし、変化球も多彩。非常に楽しみ」と期待した。1メートル93の長身右腕は2軍で3試合に登板し計9回を2失点。先発投手陣の柱として期待される右腕が、いよいよベールを脱ぐ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月7日のニュース