巨人・野上の2年ぶり白星が消えた 菅野の降板で緊急登板で3回1失点も 

[ 2021年5月7日 20:49 ]

セ・リーグ   巨人ーヤクルト ( 2021年5月7日    東京D )

<巨・ヤ(6)>力投する野上(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・野上の2年ぶり白星が消えた。3―0の4回に先発の菅野が突然の降板。2番手で緊急登板した野上は、3回1失点と好投でピンチを救い、勝利投手の権利を得ていた。

 だが、8回に3番手の中川が塩見のソロ本塁打を浴びるなど同点とされ、4番手の桜井がオスナに勝ち越しの左前適時打を浴びた。
 野上が白星を挙げれば19年5月10日のヤクルト戦以来のはずだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月7日のニュース