レイズ・筒香 大谷と米初対戦は1打数無安打1四球 8回には23打席ぶり安打マーク

[ 2021年5月7日 02:30 ]

ア・リーグ   レイズ3ー1エンゼルス ( 2021年5月5日    アナハイム )

<エンゼルス・レイズ>2回、筒香とメジャーで初対戦するエンゼルス・大谷(左)
Photo By 共同

 「7番・一塁」で出場したレイズ・筒香は大谷とのメジャー初対決で左飛、四球だった。日本で2人は15年に1試合対戦し3打数1安打。大谷は「四球を出してしまったので、勝負できなくて申し訳なかった。抑えるか打たれるというのが、ベストではあったと思う」と話した。

 筒香は0―1の6回1死満塁では遊ゴロ併殺に倒れたが、8回に6試合23打席ぶりの安打となる右翼線二塁打を放った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年5月7日のニュース