楽天・コンリー コロナ退団1号 大型助っ人左腕も…来日すら果たせず

[ 2021年5月7日 05:30 ]

 楽天は6日、新外国人として獲得したアダム・コンリー投手(30)と契約解除で合意したと発表。昨季までマーリンズでメジャー通算174試合に登板して25勝を挙げていた助っ人左腕が来日すら果たせず退団した。

 球団によるとコンリーは家族全員での来日を希望。政府はアスリートについては徹底した防疫措置を条件に特例での入国を認めているが、石井一久GM兼監督は代理人を通じ「家族が来日できる状況ではない」と説明。その後も状況が変わらず契約解除となった。左腕は球団を通じて「日本の状況がさらに悪化しているのを見て残念ながら日本でプレーするのは最適なタイミングではないと決断した」とコメント。コンリーと同様に家族での来日を希望しているオリックス・ディクソンも現時点で来日のめどが立たず、このまま退団となる可能性がある。

 貴重な中継ぎ左腕として期待していた助っ人が「コロナ退団」となったが、石井監督は「いるメンバーでしっかりやって、それが来年、再来年につながれば」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月7日のニュース