日本ハム「スギノール」がトレンド入り 先制1号ソロ&スクイズにネット歓喜「コロナ禍なのに来日」

[ 2021年5月7日 20:54 ]

パ・リーグ   日本ハムー楽天 ( 2021年5月7日    札幌D )

<日・楽>3回2死、先制本塁打を放ち雄叫びを上げる杉谷(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 選手、コーチら計13人が新型コロナウイルスに感染した日本ハムは6日ぶりに試合再開。7日は本拠で楽天と対戦し、杉谷拳士内野手(30)が開幕4連勝中の楽天先発・涌井秀章投手(34)から今季初安打となる先制1号ソロを放つと、5回にはスクイズで追加点を挙げる大活躍。Yahoo!リアルタイム検索では「スギノール」がトレンド入り。ネットでは「コロナ禍なのにスギノールが来日」と盛り上がりを見せた。

 杉谷自ら「スギノール」と命名したムードメーカーは「1番・二塁」でスタメン出場。0―0で迎えた3回、2死走者なしから涌井の投じた2球目、甘く入った136キロのシンカーを捉え右翼スタンドまで運ぶ先制1号ソロ。2―1の5回には1死三塁から投犠打を決め追加点を挙げる活躍にネットでは「ついにスギノール来日」「スギノール選手やっと隔離終わった」「鎌ヶ谷の杉谷さんがスギノールになって復活」「噂のスギノールがピンチに来日」「スギノール来日した言われてるの笑った」など話題沸騰。コロナ禍に襲われたチームのヒーローとして注目が集まっていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月7日のニュース