ヤクルトが逆転で連敗「3」でストップ 巨人はブルペン陣が終盤に崩れる

[ 2021年5月7日 21:21 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―4巨人 ( 2021年5月7日    東京D )

<巨・ヤ(6)> 8回2死二、三塁から青木の適時内野安打で生還し、ナインに迎えられる村上 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが終盤の集中打で逆転勝ち。1分けを挟んでの連敗を「3」で止めた。

 1―3の8回に3番手の塩見の4号ソロ、村上の左前適時打など5安打を集めて4点を挙げ、試合をひっくり返した。1点差の9回にもサンタナが来日11試合目で4本目となるハイペースな4号ソロを放って、突き放した。

 巨人は3―0の4回に先発の菅野が突然の降板。緊急登板となった2番手の野上が3回1失点と好投で乗り切ったが、終盤にブルペン陣が失点を重ねた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月7日のニュース