1軍復帰の西武・山川 復活の「どすこい弾」

[ 2021年5月7日 19:33 ]

パ・リーグ   西武ーソフトバンク ( 2021年5月7日    ペイペイD )

<ソ・西7>4回2死、左越え本塁打を放った山川(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 1軍に復帰した西武の山川穂高内野手(29)が「6番一塁」で先発出場。2点を追う4回2死から左翼席に2号ソロを放ち「打ったのはカーブかスライダーか…カーブですかね。打てて良かったです!」と喜んだ。

 石川が投じた121キロの変化球をとらえ、ダイヤモンドを一周。ベンチ前では、今季公式戦では初めてとなる「どすこいポーズ」を決めた。

 山川は、3月30日の日本ハム戦(札幌ドーム)で初回に1号2ランを放ったが、一塁ベースを回ったところで左足に痛みを感じ、スピードを緩めて歩きながらホームイン。左太もも裏の軽度の肉離れと診断され、翌31日に出場選手登録を抹消されていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月7日のニュース