阪神・ガルシア2軍降格へ 矢野監督「使うところがない」

[ 2020年10月20日 22:05 ]

セ・リーグ   阪神1―5広島 ( 2020年10月20日    甲子園 )

<神・広>3回2死満塁、ガルシアは西川に2点適時打を浴びる (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神先発のガルシアは約1カ月ぶりの1軍登板となったが、3回5安打4失点で6敗目。試合後矢野監督は「抹消しようかなと思って。今日の状態じゃ、使うところがないんで」と2軍降格を示唆した。

 0―0の3回に広島打線につかまった。1死からの上本への四球、長野の中越え二塁打などで2死満塁のピンチを背負うと、4番・西川に左前2点打を打たれ先制点を献上。なおも2死一、二塁からピレラには遊撃内野安打で再び満塁とされ、続く坂倉に投手強襲の2点打を打たれて突き放された。

 前回9月18日の中日戦も3回2/3を6安打3失点で降板。この日も同様に序盤に失点を重ね、巡ってきたチャンスに応えられなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース