西武・高橋朋己 今季限りでの引退を発表 左肘手術で18年オフに育成契約

[ 2020年10月20日 14:30 ]

西武・高橋朋己
Photo By スポニチ

 西武は20日、育成契約の高橋朋己投手(31)が、今季限りで引退すると発表した。

 同投手は12年ドラフト4位で西濃運輸から入団。14年に29セーブ、15年に22セーブと守護神として活躍し、その後左肘内側側副じん帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。18年オフに育成契約となった。通算成績は、8年間で160試合6勝5敗52セーブ、防御率2・74。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース