ブレーブス、21年ぶりWS進出逃すも…スニトカー監督「何も恥ずべきことはない素晴らしいシリーズ」

[ 2020年10月20日 02:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   ブレーブス3―4ドジャース ( 2020年10月18日    アーリントン )

<ドジャース・ブレーブス>WS進出を果たせず、落胆するブレーブスナイン(AP)
Photo By AP

 ブレーブスは21年ぶりのWS進出を逃した。2―2の4回に1点を勝ち越したが、なお無死二、三塁から追加点を挙げられず。ブライアン・スニトカー監督は「最後は望んだ結果にならなかったが、何も恥ずべきことがない素晴らしいシリーズだった」と振り返った。

 今季は地区3連覇を達成。若手投手が台頭し、90年代の黄金期の再来を予感させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース