阪神・井上、2軍でも先制適時打

[ 2020年10月20日 13:57 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―オリックス ( 2020年10月20日    舞洲 )

阪神・井上(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 調整のため、ウエスタン・リーグのオリックス戦に「4番・右翼」で先発した阪神・井上が、第2打席で先制の左前適時打を放った。

 2回の第1打席は遊ゴロに倒れたが、4回、先頭・島田の右前打などで作った2死二塁のチャンスで、フルカウントからオリックス先発・山崎福也の6球目を捉えた。

 1軍では16日のヤクルト戦でプロ初安打を記録。勢いそのままに、ファームでも躍動した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース