巨人・坂本 バット折りながら右前へ 通算2000安打にあと18本

[ 2020年10月20日 19:17 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年10月20日    神宮 )

<ヤ・巨>3回無死、右前打を放つ坂本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(31)がヤクルト戦(神宮)の4回に右前打を放ち、通算2000安打にあと18本とした。

 坂本は「3番・遊撃」で先発出場。0―0で迎えた4回、先頭で入った第2打席でヤクルト先発右腕・高梨が投じた初球の145キロ内角直球をバットを折りながら右前に運んだ。

 なお、2死後にウィーラーが四球を選んで一、二塁としたが、田中俊が一ゴロに終わって先制はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース