9月度月間バッテリー賞受賞 中日・祖父江「光栄」 木下拓「攻めた結果」

[ 2020年10月20日 05:30 ]

9月度月間バッテリー賞に選出された中日・祖父江
Photo By スポニチ

 「2020プロ野球最優秀バッテリー賞 powered by DAZN」の9月度月間賞が19日に発表され、セは中日・祖父江大輔投手(33)と木下拓哉捕手(28)、パはロッテ・沢村拓一投手(32)と柿沼友哉捕手(27)が選出された。スポーツニッポン新聞社が制定するプロ野球最優秀バッテリー賞は30回目を迎える今年度、DAZNを特別協賛に迎え「月間賞」を新設。DAZNの公式ツイッターで候補バッテリーを発表しユーザーによる投票形式で決まる。

 祖父江は9月度の13登板で7ホールドをマーク。木下拓とのバッテリーでは7回2/3で防御率0・00と鉄壁の救援を見せた。「このような賞をいただいて光栄です。木下に引っ張ってもらうことが多く、木下に感謝しています」とコメントした。

 木下拓は、大野雄とのコンビに続いて2カ月連続での受賞。「祖父江さんの鬼のような形相に僕も刺激され、バッテリーで逃げることなく攻めた結果。一試合でも多く勝利に貢献できるように頑張ります」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース