ソフトバンク今季初の9連勝 21日にもマジック8点灯 その条件は?

[ 2020年10月20日 21:25 ]

パ・リーグ   ソフトバンク11-2日本ハム ( 2020年10月20日    札幌D )

<日・ソ>3回2死一、三塁、グラシアルの2点適時二塁打で生還した柳田らを出迎える工藤監督ら(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは投打がかみ合い、昨年6月から7月以来となる9連勝を飾った。

 打線は3回、2死一、三塁からグラシアルの右翼フェンス最上部に直撃する2点二塁打で先制。5回には中村晃の右前適時打、栗原の中犠飛、松田宣の中越え3ランで一挙5点。その後も攻撃の手を緩めず、16安打で11点を奪った。

 先発の笠谷は6回2安打無失点の快投で4勝目を挙げた。

 21日は、ソフトバンクが日本ハム戦に勝った場合は、ロッテが西武に引き分けか負け、ソフトバンクが引き分けでもロッテが敗れれば、いずれの場合も、マジック8が点灯する。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース