東海大菅生 「大麻問題」の東海大に3年生3人進学予定 若林監督「残念」

[ 2020年10月20日 05:30 ]

秋季高校野球  東京都大会1回戦   東海大菅生15-1本郷 ( 2020年10月19日    八王子上柚木 )

<東海大菅生・本郷>本郷に快勝した東海大菅生(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 東海大菅生は今夏東京独自大会の王者が本郷に5回コールド勝ちし、秋の都大会初戦を突破した。

 東海大硬式野球部OBの若林弘泰監督は、母校の部員が大麻の疑いがある薬物を使用した不祥事に関し、前日に電話で同部の伊藤栄治部長、安藤強監督に早急な対応を求めたことを明かした。「残念。進学予定が3人おり、保護者に説明する必要がある。部員はもちろん、卒部した3年生(29人)を集めて行動に関する注意をしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース