巨人・戸郷 134球熱投報われず…6回零封も9勝目消えた「四球が多かったことが反省点」

[ 2020年10月20日 22:09 ]

セ・リーグ   巨人1―1ヤクルト ( 2020年10月20日    神宮 )

<ヤ・巨>引き分けに終わり、好投も報われなかった先発・戸郷(右)をねぎらう原監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 巨人・戸郷翔征投手(20)が6回3安打無失点。プロ最多134球の熱投も、9勝目はお預けとなった。

 序盤からフォークやスライダーの変化球の制球が定まらず。自己ワーストの6四球を与えるも、要所は締めた。1―0の6回2死満塁のピンチでは、代打・西浦に対して5球連続の直球で力勝負。外角143キロで空振り三振に抑え、グラブを叩いた。

 だが、救援陣が9回に同点に追いつかれ、引き分け。8勝で並び、新人王を争う森下をリードできなかった。20歳右腕は「四球が多かったことが反省点ですが、6回のピンチで粘ることができたことは良かったです。次の登板は反省をいかしたピッチングができるようにしたい」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース