逆転勝ちの中日・与田監督「ワンチャンスに強かった」打線の勝負強さを称賛

[ 2020年10月20日 22:19 ]

セ・リーグ   中日6―1DeNA ( 2020年10月20日    ナゴヤD )

<中・D>6回無死一塁、ビシエドの適時二塁打で生還した阿部は、迎えるナインにガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 逆転勝ちでAクラス入りの地盤固めに成功した中日・与田監督は「ワンチャンスに本当に強かった」と打線の集中打を褒めた。

 0―1の6回、先頭・京田が二塁打でチャンスメークすると、続く阿部の中前適時打で同点。さらにビシエドの左中間を破る適時二塁打で勝ち越し、シエラも中前適時打とこの回、3点を奪って形勢を逆転した。

 指揮官は阿部とビシエドについて「広島で元気がない姿があったが、払拭した。強引さがなかった」と勝負強さに目を細めた。

 投手陣も先発・福谷が7回1失点の好投で7勝目。初回に先制ソロを浴びながらも立て直した右腕を「今年は多少悪くてもすぐに修正する。不安要素のない見事なピッチングでした」と称賛した。

 2ゲーム差で迎えた4位・DeNAとの対戦に勝利し、8年ぶりのAクラス入りに向けて、また1つ階段を上った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース