中日・ビシエド 76打点でトップのG岡本に2差「チャンスがある限り…」

[ 2020年10月20日 22:23 ]

セ・リーグ   中日6―1DeNA ( 2020年10月20日    ナゴヤD )

<中・D>6回無死一塁、ビシエドは勝ち越しとなる左中間適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・ビシエドが3安打2打点の活躍で、今季76打点とし、リーグトップの巨人・岡本に2打点差に迫った。

 6回、阿部の中前適時打で同点に追いつき、なおも無死一塁から左中間を破る適時二塁打。決勝打に「良い流れで来てたので、自分も続くことができた」と笑みを浮かべた。7回は1死二塁から左前適時打。

 打点王争いに「チャンスがある限り、打ってチームに貢献したい」と意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース