ドジャースがWS進出! 2年ぶり24度目 ベリンジャーが決勝ソロ弾

[ 2020年10月20日 02:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   ドジャース4―3ブレーブス ( 2020年10月18日    アーリントン )

<ドジャース・ブレーブス>7回、決勝ソロを放ったベリンジャー(AP)
Photo By AP

 ドジャースが18日(日本時間19日)、ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦でブレーブスを下した。4勝3敗で24度目のリーグ優勝。18年以来2年ぶりのワールドシリーズ(WS)出場を決めた。

 3―3の7回。主砲ベリンジャーが元日本ハムの右腕マーティンの94マイル(約151キロ)速球を強振し、右翼席に決勝ソロを叩き込んだ。1勝3敗の崖っ縁からの3連勝に「3連勝は何度もしてきた。このメンバーで、できないはずがない」と胸を張った。ベンチ前では6回に同点ソロを放ったヘルナンデスと強烈な肘タッチを交わし、右肩を脱臼するアクシデントに見舞われたが「すぐトレーナー室に行って肩を入れてもらった。少し痛いけど、守備はできたから大丈夫」。喜びが勝り、照れ笑いした。

 5本塁打11打点のシリーズ記録を樹立したシーガーがMVPを獲得。過去4年間で3度目のWS出場を果たしたデーブ・ロバーツ監督は「あまり感情的になりたくないが、今はなっている」と大興奮だ。88年以来、32年ぶりの世界一へ。「今年は我々の年だ」と高らかに宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース