楽天 則本昂1失点好投も2カ月ぶり白星逃す「中盤しっかり修正できた」

[ 2020年10月20日 21:17 ]

パ・リーグ   楽天―オリックス ( 2020年10月20日    楽天生命パーク )

<楽・オ>6回2死、モヤにソロ本塁打を浴びる楽天・則本昂 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天の先発・則本昂は7回5安打1失点と好投。しかし9回に追い付かれ、約2カ月ぶりの白星はならなかった。

 防御率リーグトップの山本との投げ合い。則本昂は初回2死二、三塁のピンチを脱すると、5回まで4安打無失点。お互いにスコアボードに「0」を並べた。

 先に失点したのは則本昂。6回2死からモヤに先制のソロアーチを浴びた。

 しかしその裏に味方が逆転してくれると、7回は3者凡退。リードを保ってこの回限りでマウンドを降りた。

 「調子自体はあまり良くなかったです。立ち上がりが不安定でしたが、中盤にしっかり修正できたと思います。先に点を取られてしまったけど、野手が追い越してくれてその後をしっかり抑えられたのは良かったと思います」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月20日のニュース