“屈辱をバネに”広島・林 初スタメンで4タコ&失策 佐々岡監督は若手の競争歓迎

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-4阪神 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>9回1死一塁、北條の一飛を林が落球 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 高卒2年目の広島・林も7番三塁でプロ初スタメンを果たした。だが、中飛、遊ゴロ併殺、空振り三振、空振り三振と4打席凡退し、9回には一塁守備で飛球を落球する失策も記録。結局、9回で交代となり、3―4の10回1死満塁では打席に立てない屈辱の一日となった。

 ウエスタン・リーグの本塁打と打点の2冠で2日に初昇格し、3日のヤクルト戦でプロ初出場も2打席三振に倒れていた。プロ初安打はお預けとなった中、佐々岡監督は「若手で刺激し合いながらチャンスをものにする姿勢が見えてよかった」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース