逃げることは大嫌い 広島・宇草を支える圧倒的な努力と「ALL OK」の言葉

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-4阪神 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>5回2死、宇草は左中間にプロ初安打となる二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】宇草は、逃げることを嫌う。大学4年秋の東京六大学リーグ戦で打率・100。極度の不振のまま大学野球を終えた。実はこのとき、下半身のコンディション不良を抱えていた。それでも、最後まで故障を報道陣に公表することはなかった。

 「故障を隠したかったわけではなくて、痛めているから打てなくていいという言い訳になるのが嫌でした」

 大学時代に知人が言った「ALL OK」が好きな言葉である。「いいときも悪いときも全部を受け入れると自分なりに解釈しました。後悔のないように準備ができていれば、何事も受け入れられる」。圧倒的な努力が言い訳のない考え方を支えている。(広島担当・河合洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース