中京大中京・高橋プロ表明!各球団は戦略見直し必至、情報戦が一気に加速

[ 2020年10月7日 05:30 ]

154キロ右腕、中京大中京・高橋
Photo By スポニチ

 最速154キロを誇り高校生No・1右腕とされる中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手(18)が6日、名古屋市内の同校でプロ志望を表明した。大学進学希望だったが希望する大学への進学がかなわず進路変更。26日のドラフト会議まで20日と迫る中、屈指の右腕の決断により、各球団がドラフト戦略の根本的な見直しを迫られる必要性が出てきた。

 【記者の目】各球団が、ドラフト戦略の見直しを迫られることは必至だ。

 大学進学希望が伝えられ各球団のマークが薄れる中での、今夏の甲子園交流試合で高橋の登板後だ。「プロ志望届を出せば1位で入札する」(日本ハム)「今プロ入りしてすぐローテーションで投げられる」(ソフトバンク)。ある関西の球団スカウトは「エンジンの大きさは中森より断然上」とした。これこそが各球団の本音だった。ある球団はプロ志望に転じた場合との「両方でシミュレーションしようと思う」と諦めきれない球団もあったが、現実になった。

 ここまで早大・早川には最大7球団、近大・佐藤に最大4球団の入札が予想される。各球団の1位12人はほぼ大学生、社会人の即戦力が中心になるとみられていた。あるスカウトはプロ志望を受け「高橋に流れる球団が出てくれば、逆に早川や佐藤に行きやすくなる」と戦略が大きく変わると認めた。

 ドラフト会議直前の大物右腕のリスト最上位浮上。各球団のスカウト陣の情報戦は最終盤で一気に激化する。(アマ野球担当キャップ・松井 いつき)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース