楽天・浅村、9月度月間MVP受賞「率直にうれしい」 逆転Vへ「勝つことだけ意識」

[ 2020年10月7日 13:00 ]

月間MVPを受賞した楽天・浅村(球団提供)
Photo By 提供写真

 9月度の「大樹生命月間MVP賞」が7日発表され、パ・リーグの打者部門で楽天の浅村栄斗内野手(29)が選出された。9月は26試合で96打数26安打(打率・271)、21打点、10本塁打の成績を残し「まさか自分が選ばれるとは思わなかったので、率直にうれしいです」と喜んだ。

 移籍2年目の今季はここまでリーグトップの29本塁打を放ち、3年連続の30本到達まであと1本としている。さらに、89打点はリーグ2位。打線の軸としてチームを牽引する活躍をみせている。

 「9月半ばぐらいまで本当に調子が良くてチームの勝ちにつながるような一打を打てていたけど、後半は失速して自分の中では満足いく成績ではない」

 シーズンは残り27試合となった。チームは現在3位で、首位・ソフトバンクを7・5ゲーム差で追う。逆転優勝に向けて負けられない試合が続いており「もう負けられない。1日1本、いいところで打つことを目標にして、勝つことだけを意識してやりたい」と強調。本塁打と打点の個人タイトルについては「チームが勝って、そういうのがついてくれば一番うれしい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース