DeNA ロペス「完璧」ソト「狙っていた」連続弾で一気勝ち越し

[ 2020年10月7日 20:38 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2020年10月7日    東京D )

<巨・D>6回1死一塁、勝ち越し左越え2ランを放つロペス(投手・田口)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAがロペス、ソトの「SL砲」の連弾で一気に勝ち越した。

 6回に敵失で2―2の同点に追い付き、なお1死一塁。ロペスが「完璧なスイングができた。追い込まれていたので、足を開いて落ちるボールを待っていた」と低めのフォークをすくい上げ、左翼に勝ち越しの6号2ランを運んだ。

 続けざまに、ソトが「狙っていた」と直球を右中間に19号ソロ。あっという間に3点のリードを奪った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月7日のニュース