9回登場の阪神・藤浪 初の中継ぎ勝利消滅も未来感じた1回無失点

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4広島 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>9回、三者凡退で斬ってとり、雄たけびを上げる藤浪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 初の中継ぎ勝利は幻に終わった。同点の9回を任された阪神・藤浪が1回無失点と好投。直後の10回に打線が勝ち越して勝利投手の権利をえたが、最後は守護神スアレスが同点に追いつかれ、ホールドへ一変した。とはいえ6試合目の中継ぎマウンドは圧巻の投球だった。

 「青柳さんがゲームをつくってくれましたし、その後、チームも踏ん張っていたので、0点で抑えることができてよかったです」

 1点もやれない場面で、与えられた役割を果たした。先頭・大盛を3球三振、続く代打・ピレラを二飛に料理すると、最後は田中広を159キロ直球で空振り三振。敵地もどよめく快投で、存在感を示した。矢野監督も「精度の高い、きょうみたいな球が行けば、しっかり抑えられる。中身がしっかりある球が多かったので、それはよかった」と称えた。 (惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース