ヤクルト・久保 緊急代役でプロ初先発も2回4失点 高津監督「大変な一日」

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―4中日 ( 2020年10月6日    東京D )

<中・ヤ>2回4失点で降板となった久保は、ベンチで斎藤隆コーチ(右)から声を掛けられる(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 発熱で先発を回避したヤクルト・小川に代わり緊急でプロ初先発した久保は、2回4失点で黒星。4日の広島戦で救援登板し、中1日での先発は悔しい結果に終わった。

 4連敗で借金は今季ワーストの17。高津監督は「何とかつないで乗り切りたかったけど2回の4点は大きかった」と語った。小川は新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査の結果は陰性で、ベンチ登録を外れた山田哲、西浦、石山も7日から合流予定。指揮官は「いろんなことを想定しないといけないし、今日一日は大変だった」と対応の難しさを強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース