広島 今季初の4連勝 66日ぶり白星の遠藤「ホッとしています」

[ 2020年10月7日 22:09 ]

セ・リーグ   広島9-3阪神 ( 2020年10月7日    マツダスタジアム )

<広・神(19)>ヒーローインタビューを終え笑顔でポーズをとる宇草(左)と遠藤
Photo By スポニチ

 広島が7日の阪神戦に9-3で逆転勝ちし、1分けを挟んで今季初の4連勝を達成した。

 試合は1点差を追う5回、2死一、二塁から会沢が右翼線へ2点適時二塁打を放ち逆転。7回には長野、坂倉の適時打が飛び出し、8回にも1点を加点するなどして逃げ切った。

 先発の遠藤は打線の援護もあり5回3失点で、8月2日の巨人戦以来の3勝目。実に9試合、66日ぶりの白星を挙げ、試合後のヒーローインタビューでは「(逆転に)野手の皆さんに感謝しなければ、と思いました。(66日ぶり勝利に)ホッとしています」と、控えめに笑みを漏らした。

 投球内容については「正直、全然調子は良くなかったので、とにかく最少失点で抑えようと思って投げました。毎回、毎試合、点数取られて苦しい投球でした。何とか最少失点で抑えられてよかったです」と告白。それでも集まったファンに対して「残りの試合、全部勝つ勢いで頑張ります」と宣言し、温かい拍手を浴びていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース