阪神・原口 魔球「空中イレギュラー」で同点打 18年にも神業打球 日頃の行いのおかげ?

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4広島 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>8回2死満塁、代打・原口は左前に同点となる適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 勝負への執念が打球に魔力を与えたのか、日頃の行いが良いせいか。1―3の8回2死満塁。阪神の代打・原口が相手三塁手・三好を幻惑する値千金の同点2点適時打を放った。

 「打ったのはストレート。青柳も頑張っていましたし、何とかしたい場面で運も味方をしてくれました。追いつくことができて良かったです」

 ケムナの内角高め直球に詰まらされながら、強引に振り抜いた打球はハーフライナーのような弾道で三塁方向へ。コースも高さも完全に三好の守備範囲だったが、不規則な回転がかかり、グラブにも当てられない。敵軍の山田内野守備走塁コーチが「空中イレギュラーみたいな感じ」と驚きとともに振り返った一打が、左前2点打となった。

 原口の“秘打”はこれが初めてではない。18年5月15日のDeNA戦。0―0の6回2死満塁でエスコバーの内角球に詰まらされ、折れたバットは三塁側のスタンドへ。打球も一度は左翼ファウルゾーンに出たように見えたが、大きく“スライス”してフェアゾーンに戻り、この日と同じ2点適時打となった。当時の金本監督も「最初、ファウルゾーンに飛んだみたいで中に入ってきて。それも“バットの出がいいから”ということにしておきましょうか」と目を丸くする神業だった。

 形はどうあれ、大事な場面で価値ある一打が出るのは原口が“持っている”からに他ならない。両軍ともに拙守、拙攻が目立った試合の中で、代打の切り札としての役割をしっかりと果たした。 (山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース