レイズ・筒香 地区S初戦は出番なし…投手では史上初の珍事も

[ 2020年10月7日 02:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦   レイズ3-9ヤンキース ( 2020年10月5日    サンディエゴ )

<レイズ・ヤンキース>戦況を見つめるレイズベンチ(AP)
Photo By AP

 レイズ・筒香は出場機会がなかった。エース左腕のスネルが、3被弾など5回4失点降板で劣勢に回った。

 シーズンではヤ軍に8勝2敗と勝ち越しも手痛い初戦黒星。ケビン・キャッシュ監督は「相手打線にはタレントがそろっている。カウントを悪くするとさらに難しくなる」と振り返った。9回には、レギュラーシーズンで登板なしのマクラナハンがPSでメジャーデビューという、投手では史上初の珍事もあった。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース