巨人・マルオカ菅野を協力援護!丸はV19号、岡本は今季2度目の4安打

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―4DeNA ( 2020年10月6日    東京D )

<巨・D>3回、左中間へ勝ち越し3点本塁打を放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 万全な体調のマルオカが菅野を援護した。同点の3回に巨人の丸が左中間席へ決勝の19号3ラン。「チームとして助けてもらってばっかり」と感謝する右腕を援護した。岡本は先制の右翼線二塁打を放つなど今季2度目の4安打で「菅野さんを援護できて良かったです」と胸を張った。

 この日、チームは甲子園から移動。疲労を考慮して全体練習はなく調整は各自に任された。丸はティー打撃、岡本も守備練習だけ。丸は「原監督が選手のコンディショニングを優先してくれる」と感謝した。

 ▼巨人・ウィーラー(5回無死一塁で右翼席へ6年連続の2桁となる10号2ラン)つなぐ意識でスイングした。菅野を援護できて最高だね。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース