野村謙二郎氏 内野安打に見た阪神・小幡の非凡なセンス 長距離砲の前で動けば効果倍増

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4広島 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>6回無死、小幡は遊撃内野安打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 【野村謙二郎 視点】阪神では、1番でプロ初先発した小幡が攻守でキラリと光った。6回の第3打席に打者としての特徴が見えた。先頭打者で4球ファウルで粘り、9球目に遊撃内野安打を放って同点劇をお膳立て。2死三塁など走者を置く場面では、ちょこんと当てて左前に運ぶ、あるいはなかなか三振しない打者は相手にとって嫌なもの。非凡なセンスを感じさせた。

 スピードがあって走れるタイプ。大山、サンズ、ボーアなど長打力のある打者の前に動ける選手がいると、相手のプレッシャーは倍加する。走る意欲がチーム全体の数字として表れ始めた阪神だが、小幡もまた十分に期待感を抱かせる。

 何より、高卒2年目でショートを任せられる選手はなかなかいない。守備への評価がしっかりしているからこそだろう。まずは守備を確実にこなし、自分の特徴を活かす打撃を磨けばいいと思う。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース