ソフトバンク・工藤監督 ロッテの集団感染に対策徹底再確認

[ 2020年10月7日 05:30 ]

<西・ソ>3回2死一塁、打者・源田の時、一走・金子の盗塁にリクエストする工藤監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

ソフトバンク・工藤監督はロッテで集団感染が起きたことに「まずは感染された選手の皆さんが重症化することなく、しっかりと現場復帰できるように祈るだけです」と話した。

 8月1日に2軍で調整中だった長谷川の感染が判明して長期離脱を経験したこともあり、対岸の火事ではない。「改めて球団と私を含め、もう一度しっかりとした対策をやっていかないといけないと再認識した」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース