野村謙二郎氏 大盛、宇草…広島から期待の若手出てきた 林は“三振OK”で大きく育て

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-4阪神 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>7回1死、代打・大盛は右中間にソロ本塁打を放ちガッツポーズ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 【野村謙二郎 視点】広島に期待の若手が複数出てきた。青柳対策で左打者を並べた打線。勝ち越しアーチを掛けた大盛は三振が目立ち始め、追い込まれてからの打撃が今後の課題になる。その点を差し引いても、近況のパフォーマンスは素晴らしい。

 大盛に代わり、プロ初出場でリードオフマンを務めたルーキー・宇草も楽しみな選手の1人だ。プロ初安打に初盗塁。魅力は十分に感じさせた。同様に、7番で初先発した林は思い切って振るところに魅力がある。極端に言えば三振OK。マン振りして打球をどこまでも飛ばせる打者として育てるイメージだろう。1軍の投手のスピードや切れは、打席に数多く立たないとクリアできない。チャンスはまだある。その時にまた魅力あふれる打撃を見せてもらいたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース