NTT西日本・大江 阪神2軍相手に4回3失点 「自分の気持ちコントロールできなかった」

[ 2020年10月7日 05:30 ]

プロアマ交流戦   NTT西日本4-8阪神 ( 2020年10月6日    鳴尾浜 )

阪神2軍 <阪神・NTT西日本>先発し、4回3失点のNTT西日本・大江克哉
Photo By 代表撮影

 今秋ドラフト候補のNTT西日本・大江が阪神2軍とのプロアマ交流戦に先発し、4回2安打3失点だった。

 「初回は力みすぎてしまった。自分の気持ちがコントロールできなかった」。

 初回先頭の板山に四球を与えると、続く遠藤には右越え適時二塁打を打たれて先制点を献上。3回2死三塁でも井上に中前適時打を打たれた。四球から失点につながったことに「どのカウントからでもストライクが取れるように練習から意識していきたい」と猛省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース