阪神・小幡は面白いで! 「ずっと目標にしてきた」初1番で2安打 近本、大山との新打線機能

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4広島 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>6回1死二塁、敵失の間に同点のホームを踏み、ナインの出迎えに笑顔の小幡(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・小幡竜平内野手(20)が6日の広島戦でプロ初の「1番・遊撃」で先発出場。6回に遊撃への内野安打を放つなど2安打1得点し、抜てきした矢野監督からも称えられた。試合は延長10回の末、4―4で引き分け。巨人とのゲーム差は13に開き、優勝マジックも一つ減らされ16となった。

 近未来のリードオフマンに、小幡が名乗りを挙げた。憧れであり、目標であった「1番・遊撃」。22試合目の先発で名を刻むと早速輝きを放った。

 「自分が入った時から『1番ショート』というのをずっと目標にやってきたんで。それがこうやってできてやっとかなと。すごいワクワクしてました」

 得点の口火を切った。0―1の6回先頭の第3打席。好投を続ける九里に食らいつき、9球目のツーシームを遊撃内野安打とした。二進後、近本の一ゴロが適時失策を誘う間に一時同点となるホームを踏んだ。3―3の9回1死で迎えた第5打席も、フランスアの初球144キロ直球を左前打。3安打した2日の巨人戦以来となる複数安打で、首脳陣の期待に応えた。

 延岡学園時代は2年秋から主に4番を任されていた。1番に入ることはほぼなかったが、入団時から強いこだわりは持っていた。「理想は西武の源田選手」と語ったこともある。「守備は自信があるんですけど、走るほうが課題ですね」。昨季から時間があれば各球団の1、2番を担う選手の動画を分析。その度に“力の差”を痛感してきた。プロ入り後も1番で出場したのは2軍での3試合のみ。今季は7月30日のソフトバンク戦で先発したが、3打数無安打だった。

 サンズ、ボーアが不振に陥っており、打線の閉塞(へいそく)感を打破する必要があった。そんな中での、1番抜てき。2安打1得点に矢野監督が「ちょっと、なかなか点が取れてないんで。俺の中では挑戦してみて。小幡自身はよくやったと思う。食らいついていってたし」と称えれば、井上打撃コーチからは「最近試合に出ている中で、そういう打順を将来打ってほしいという希望もありつつ。まだまだではあるけど、将来的にはというメッセージだね」と切り込み隊長としての期待を寄せられた。

 憧れの場でいきなり結果を出したとはいえ、2年目の若虎に満足の2文字はない。「積極的にいけてるので、そこはかわらず、思い切りの良さは、もっと(出して)やっていきたい」。躍進の原動力は、飽くなき向上心。抱く野望は、まだまだ先にある。 (長谷川 凡記)

 ▽小幡の先発1番 ウエスタン・リーグでは19年2試合、20年1試合の通算3試合で12打数2安打、打点なしの打率・167。今季は7月30日のソフトバンク戦で2度の空振り三振を含む3打数無安打、2四球。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース