ヤクルト5連敗 高津監督「大野雄は簡単な投手ではない」

[ 2020年10月7日 22:31 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―4中日 ( 2020年10月7日    ナゴヤD )

<中・ヤ>8回2死、山田哲は左越えソロホームランを放つも反撃及ばず(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは6回まで中日先発の大野雄から得点を奪えず。8回に山田哲の12号ソロで1点を返すのがやっとで5連敗となった。高津監督は「(大野雄は)簡単な投手ではない。何とかと思って臨んだが、初回以外にチャンスらしいチャンスがなかった。(点を)取れるときに取らないとこういう展開でズルズルとなる」と初回1死満塁での逸機を嘆いた。

 8日は試合がなく、9日からは敵地での広島戦。前回2日から4日の3連戦で3連敗を喫した相手だ。指揮官は「ぜひ勝ちたい。今は5番以降が塁に出られないので、上位(打線)でしか点が入らない状態。そこを含めて(打開策を)考えたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース