リーグ最高勝率のドジャースが先勝 パドレスのティングラー監督は退場処分

[ 2020年10月7日 14:33 ]

ナ・リーグ 地区シリーズ第1戦   ドジャース5―1パドレス ( 2020年10月6日    アーリントン )

6回にタイムリーを放ったドジャースのターナー(AP)
Photo By AP

 ナ・リーグの第1シードで今季のメジャー最高勝率(・717=43勝17敗)をマークしていているV候補の本命、ドジャース(西地区1位)がテキサス州アーリントンで始まった地区シリーズの初戦でパドレス(西地区2位)に5―1で勝利。5回まではこの日9投手がマウンドに立ったパドレスの継投リレーの前にノーヒットに終わっていたが、1―1で迎えた6回、コーリー・シーガー(26)の左犠飛、ジャスティン・ターナー(35)の右前適時打やパドレス7番手、クレイグ・スタメン(36)の暴投などで4点を入れて勝ち越した。

 先発したウォーカー・ビューラー(26)は4回まで95球を投げて2安打、1失点で8奪三振。パドレス打線はドジャースが繰り出した5投手にわずか3安打に抑えられ、4回にオースティン・ノーラ(30)の中前適時打で挙げた1点にとどまった。

 就任初年度のジェイス・ティングラー監督(39)は今季2度目の退場処分。6回の投手交代の際にランス・バレット球審に文句を言って退場(具体的な言葉は不明)を命じられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース