駒大が今季初白星 ドラフト候補・若林主将、4号3ランで猛アピール

[ 2020年10月7日 15:43 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第3週第2日   駒大5―3中大 ( 2020年10月7日    神宮 )

<中大・駒大>2回2死一、二塁、左越え3ランを放った駒大・若林(右から2人目)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 駒大が中大の猛追を振り切り、今季初白星を挙げた。

 2回に若林楽人外野手(4年、駒大苫小牧)が左越えへ3ラン。これで開幕から6試合で4発とし「チャンスでまわってきたので自分が見本となれるスイングをしようと思った」と振り返った。

 チームは開幕5連敗で「本当に苦しかった」。次週は27日からで、ドラフト前最後の公式戦を猛アピールで締めくくった。それでも「これからもチームのために、小さい積み重ねをしていきたい」と主将らしく気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース