【8日MLB見どころ】マー君先発!地区シリーズ突破王手なるか 要注意は“伏兵”

[ 2020年10月8日 03:30 ]

ペトコ・パークでブルペン入りした田中(撮影・奥田 秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 大リーグは7日(日本時間8日)、両リーグの地区シリーズ4試合が行われる。

 ヤンキースの田中はサンディエゴのペトコ・パークでレイズ戦(午前8時10分開始)に先発予定。1勝1敗のタイで迎え、勝てば地区シリーズ突破に王手を懸ける大事なマウンドとなる。

 田中はポストシーズン(PS)通算9試合に投げ5勝3敗、防御率2・70。地区シリーズは過去3戦3勝と大舞台に強い。9月30日のワイルドカードシリーズ・インディアンス戦で5回途中6失点と崩れたが、強い風雨の悪条件下だった。

 今季はレイズに対して3試合に投げ1勝1敗、防御率4・20。通算では21試合に投げ11勝5敗、同3・31。気を付けたいのが“伏兵”打者で、キャリアを通じてキーアマイヤーに対して被打率・308(39打数12安打)、2本塁打、ズニーノに対して同・273(22打数6安打)、2本塁打と打たれている。

 筒香は今PSでスタメン出場1試合、3打数無安打とまだ結果を残せていない。田中に対しても今季3度の対戦で6打数無安打だが、強い打球も多く、出場チャンスがあれば一矢を報いたい。

 その他、ロサンゼルスのドジャースタジアムでアストロズ―アスレチックス戦(午前4時35分開始)、ヒューストンのミニッツメイド・パークでマーリンズ―ブレーブス戦(午前3時8分開始)、アーリントンのグローブライフ・フィールドでドジャース―パドレス戦(午前10時8分開始)が開催予定。2連勝中のアストロズが勝てば地区シリーズ突破一番乗りとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース