阪神・青柳 打球直撃に耐え6回1失点 久々勝利ならずも目標2桁星へ意地の107球

[ 2020年10月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4広島 ( 2020年10月6日    マツダ )

<広・神(18)>6回1死一塁、打球を指差す青柳(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 “痛み”にも、ピンチにも耐えて、しっかりと仕事を果たした。阪神・青柳は、6回6安打1失点と粘投を披露。毎回走者を背負う苦しい投球も、傷口は最小限にとどめて試合をつくった。

 「ここ数試合、立ち上がりに課題がありましたが今日は丁寧に投げることができましたし、何とかゲームをつくることができました」

 最大の試練は、3回にやってきた。2死走者無しから田中広に四球を与えると、鈴木誠のライナーが左膝付近に直撃。さらに不運なことに打球は前に落ちず一、二塁間を抜ける形で右翼方向へ。一塁走者に一気に本塁生還を許して先制点を献上した。左足を引きずった右腕は一度ベンチ裏へ引き揚げたものの治療を終えて続投。松山を二ゴロに打ち取り最少失点で切り抜けた。

 苦い思いを打ち消すべく、丁寧に、着実に1個ずつアウトを奪っっていった。今季唯一の8月7日の対戦では同じマツダスタジアムで3回6失点KO。この日も苦手としている左打者を7人並べてくる“対青柳”打線と対峙(たいじ)した。結局、3者凡退は一度もなく、常に走者を意識しながらの投球を強いられた。

 それでも5回2死一、三塁では前の打席でタイムリーを浴びている鈴木誠を外角へのツーシームで見逃し三振。要所を締めて2試合ぶりのクオリティースタートを記録して意地は見せた。

 9月は5試合に登板も、1度も勝てず4敗と大スランプに陥った。前回30日の中日戦も自己ワーストの8失点を喫して5回でKO。開幕から順調に積み上げた白星も6勝止まりで目標の2ケタ勝利に黄信号がともった。真価の問われるシーズン最終盤の10月。久々の勝利はつかめずも、ラストスパートへ光明となる107球になった。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース