ブレーブスが先勝 7回に6点を入れてマーリンズに逆転勝ち

[ 2020年10月7日 10:40 ]

ナ・リーグ 地区シリーズ第1戦   ブレーブス9―5マーリンズ ( 2020年10月6日    ヒューストン )

7回に3ランを放ったブレーブスのダーノー(AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ第2シードのブレーブス(東地区1位)はヒューストンで第6シードのマーリンズ(東地区2位)を9―5で下し、地区シリーズ(5試合制=3勝先勝)で白星発進。今季7勝0敗でサイ・ヤング賞の候補にも挙がっている先発左腕のマックス・フリード(26)は4回で4失点と精彩を欠いたが、3―5で迎えた7回にトラビス・ダーノー(31)の3ランと、ダンスビー・スワンソン(26)の2ランなどで6点を入れて試合をひっくり返した。

 ワイルドカード・シリーズでカブスを2戦2勝で退けているマーリンズは、ミゲル・ロハス(31)のソロ本塁打などフリードに対して4回までに6安打で4点を挙げて試合を優位に進めていたが、今季4勝6敗のブレーブスに対して勝利を収めることはできなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース