楽天・涌井 6回2失点の力投も11勝目ならず 6四球に「自滅です」

[ 2020年10月7日 21:47 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2020年10月7日    札幌D )

<日・楽>6回2死満塁、代打・渡辺に押し出し四球を与え勝ち越しを許した涌井(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天の涌井秀章投手(34)が7日の日本ハム戦に先発し、6回6安打2失点で勝ち負けはつかなかった。5回まで無失点に抑えていたが、1―0の6回、1死一塁から王柏融に適時二塁打を浴びて同点に。続く清宮は三飛に打ち取ったが、樋口、代打・中田、代打・渡辺に3者連続四球を与えて2点目を失った。

 直後の7回に打線が同点に追いついたため、黒星はつかなかった。試合をつくったものの、6四球は今季ワーストで「自滅です」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月7日のニュース