阪神“縦じまのゴリラ”陽川が決勝アーチの舞台裏明かす「出る前にバナナ食べたんで」

[ 2020年9月13日 19:01 ]

セ・リーグ   阪神7―6広島 ( 2020年9月13日    甲子園 )

<神・広>ヒーローインタビューでバナナタオルを持つスアレス(左)と陽川(代表撮影)
Photo By スポニチ

 8回に決勝の3号ソロを放った阪神・陽川が、会心の一発を放った舞台裏をお立ち台で明かした。

 インタビュアーからその怪力の源について問われると「きょう途中から出る前にバナナを食べたんで、それが力の源になったかなと思います」と告白。

 チーム内では“ゴリラキャラ”で定着し、バナナ柄のオリジナルタオルも発売されたばかり。そのタオルも事前に用意しており、ファンとともに堂々と掲げ「自分の力になります」と笑った。

 「今までの本塁打の中で一番感触が良かった」と振り返ったキャリア最高の放物線で“縦じまのゴリラ”がチームにこれ以上ない勢いをもたらした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース