金本知憲氏 甲子園のラッキーゾーン復活に賛成「ホームランがあった方が野球が面白い」

[ 2020年9月13日 18:01 ]

セ・リーグ   阪神ー広島 ( 2020年9月13日    甲子園 )

ツイッター連動企画で生解説する金本知憲氏
Photo By スポニチ

 スポニチ評論家で、阪神、広島の両軍に長く在籍した金本知憲氏が、13日の阪神―広島戦を生解説した。ツイッターを利用し、リアルタイムで届くファンから質問に回答したもので、歯切れの良い物言いで迫った。

 試合は同点の8回、阪神・陽川が放った3号ソロ弾が決勝点となった。そんな中、ファンからは「ラッキーゾーンは必要だと思いますか!?」と質問。これに対して金本氏は「ラッキーゾーンはあってもいいかな。昔ほど広くなくていいので。やっぱり、ホームランがあった方が野球が面白いし、野手も育ちやすいので」と反応した。

 右中間や左中間が広い甲子園球場は本塁打が出にくく、特に右翼方向は「浜風」が吹いて、左打者の打球が押し戻されるケースが多い。金本監督も現役時代は浜風に苦しめられた経緯があり、選手目線や指揮官目線でも、ラッキーゾーンの復活に賛成した。

 スポニチでは現在、ツイッター連動企画として、スポーツ紙では初の「豪華評論家陣による生解説」を開幕から実施中。13日の質問は、阪神担当・巻木周平記者のアカウント(@toraban_makigi)から募集しています。

 また「生解説」は不定期ながら今後も企画中で、評論家をうならせた鋭い質問は関西方面の紙面でも掲載する予定。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース