マエケン YouTubeで習得「ダル流ツーシーム」で快投5勝目 3冠ビーバーに投げ勝った

[ 2020年9月13日 02:30 ]

ア・リーグ   ツインズ3―1インディアンス ( 2020年9月11日    ミネアポリス )

インディアンス戦に先発したツインズ・前田(AP)
Photo By AP

 ツインズ・前田が本拠地のインディアンス戦に先発し7回4安打無失点で5勝目。二塁も踏ませぬ快投で、投手部門3冠でサイ・ヤング賞最有力の右腕ビーバーに今季初黒星をつけた。

 「ダルビッシュ流ツーシーム」が効果的だった。雨で試合開始が40分遅れ、カブス・ダルビッシュが今季の直球とツーシームを解説するYouTubeを見たことがきっかけで「ツーシームが面白いなと思ってブルペンで試したらめっちゃ良かったので、今日はそのおかげです」と感謝した。ツーシームの腕の振りのイメージは「手の甲を捕手側に向けて、腕を伸ばしたまま思い切りラリアットする感じ」(ダルビッシュ)だという。7回無死一塁でレイエスを三ゴロ併殺に仕留めたのがツーシームだった。

 日本時間12日は長女の誕生日。「状況が状況なんで、とりあえずはチームのためにと」と照れたが、何よりのプレゼントとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース