巨人、13日ヤクルト戦試合前全体練習なし 各自で調整 原監督流マネジメント

[ 2020年9月13日 11:24 ]

 原辰徳監督(62)流のマネジメント術だ。巨人は、13日のヤクルト戦(東京ドーム)の試合前に全体練習を行わず、各自がコンディショニングの調整に充てた。前夜がナイターでこの日がデーゲームだったこと、13連戦中(6日阪神戦は雨天中止)であることから疲労軽減を最優先させた。

 野手はユニホームを着用せず、各自のトレーニングウエアで調整を一任された。坂本勇人内野手(31)は黒色のウエアを着て、キャッチボールやノックを受けるなどした。若手は守備練習やティー打撃で技術を磨く一方で、全員でのフリー打撃は行われなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース