【14日MLB見どころ】大谷 2戦ぶりスタメンなるか?規定打席到達には1試合2・8打席ペース必要

[ 2020年9月13日 23:00 ]

エンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 13日(日本時間14日)のメジャーリーグはダブルヘッダーを含め両リーグ16試合を開催予定。

 エンゼルスの大谷は敵地ロッキーズ戦(午前4時10分開始)で2試合ぶりのスタメン出場なるか期待が集まる。相手先発は今季メジャーデビューの24歳右腕カステラニ。大谷とは初対戦。今季7試合に投げ1勝2敗、防御率5・34。

 レイズの筒香は本拠地レッドソックス戦(午前2時10分開始)、レッズの秋山は敵地カージナルス戦(午前3時15分開始)でそれぞれ打者出場する見込み。

 現在、大谷は37試合で150打席に立ち、打率・189、5本塁打、20打点、7盗塁。今季の規定打席数186(レギュラーシーズン試合数60×3・1)まであと36打席で、残り13試合で2・8打席に立てば到達する計算。

 レッズの秋山は138打席に立っており、残り14試合で3・5打席に立てば、レイズの筒香は134打席に立っており、残り14試合で3・8打席に立てば、それぞれ規定打席に到達する。日本人野手の規定打席到達者は14年の青木(ロイヤルズ)以来、出ていない。

 ブルージェイズの山口は本拠地メッツ戦(午前4時7分開始)、マリナーズの平野は敵地ダイヤモンドバックス戦(午前5時10分開始)でそれぞれ救援待機する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース